CBDオイルとは?オイルによる違いを解説

CBDオイルと聞くと体内(口から)や舌下から摂取するタイプのアイテムを想像する方も多いかもしれませんが、CBDオイルと呼ばれるものには、スキンケアやボディケアなど化粧品ととして使用するタイプもあります。

今回はCBDオイルとは何なのか、種類による違いもご紹介いたします。

目次:

CBDオイルとは

体内から摂取するCBDオイル

肌の上から取り入れるCBDオイル

CBDオイルとは

まずCBDオイルと呼ばれる物は形状の一つであり、オイル自体にはさまざまなものがあります。.体内か、舌下から吸収するものと、お肌の上からスキンケアとして使用するスキンケアオイルがあります。

同じオイルといっても、この2つは似ても似つかぬ物であり、別物と捉えることが大切です。 体内から摂取するCBDオイルは、舌下投与されることが多く、体の中からCBDの成分を取り入れていく物に対し、スキンケアオイルはお肌の外側から乾燥を守ったり、美肌に整えることが期待できるものです。

もちろん通常は体内から摂取するオイルはスキンケアにはならなく、お肌の上から使うスキンケアオイルは体内から摂取することは推奨されないことが多いです(※商品による)。 それぞれ目的に合わせて取り入れることがおすすめです。

体内から摂取するCBDオイル

体内から摂取するオイルとは?

では、まず体内から摂取するCBDオイルについてご紹介します。

体内から摂取するCBDオイルは、飲むというよりは、舌の下に垂らして舌下に投与されることが多いです。 CBDオイルにはティンクチャーという表記が記載されていることが多く、CBDティンクチャーと呼ばれるものは、ほとんどはCBDを浸出させたオイルで、「CBDオイル」と同じ意味で使われることが多いです。

ティンクチャーというのは、一般的にはアルコールがベースになっているものを指しますが、オイルをベースにしたものも、CBDティンクチャーとして販売されていることがほとんどです。 ベースにするオイルはMCTオイルやオリーブオイルなど通常のオイルにCBDを溶かしこんで作られた物などがあります。

ティンクチャーは簡単かつ効率的に摂取することができ、多くはスポイトタイプのもので販売されているため、一滴ずつ調整が可能になり、とても便利です。

また、舌下投与以外にも、ヨーグルトやスムージーに混ぜたり、コーヒーに混ぜたりと、幅広い用途で使えることも特徴です。

ただ、初心者には少し一滴の量がわかりづらく、難しい一面もあります。実際に商品によって一滴にどのくらいの量のCBDが配合されているか分かりづらいため、もししっかり量を把握しながら摂取したい場合は、一つのカプセルに含まれる成分量が明確なサプリタイプがおすすめです。

また、舌下投与とスムージーなどに混ぜて取り入れる場合だと摂取効率が変わるため、目的に合わせて選ぶことも大切です。

体内から摂取するメリットは?

一つは吸収スピードが比較的早いことが挙げられます。 舌下および口腔内の粘膜からCBDを吸収させることで、胃や肝臓を通らず血液中に入るため、発現時間は15〜30分と比較的早く、持続時間は2〜4時間と言われています(※1)。

ヨーグルトやスムージーにいれて取り入れるものは経口摂取と呼ばれ、胃に入り、肝臓を通過する、など体内への取り入れ方が違うため、舌下摂取よりは発現時間を感じるまでが30〜90分と言われています(※1)。 ただ、経口摂取の方が6〜8時間と、舌下摂取よりも長いと言われているため(※1)、目的によって使い分けることがおすすめです。

肌の上から取り入れるCBDオイル

肌の上から取り入れるCBDオイルとは?

お肌の上から取り入れるCBDオイルは、通常のお顔やお肌に塗布するスキンケアオイルとして使われるものを指すことが多いです。

名称が同じなため混乱しやすいですが、お肌の乾燥を防いだり、美肌に促すスキンケアと同じタイプになります。CBDスキンケアオイルは、CBDがもたらすメリットをお肌の上から感じやすいものになります。皮脂分泌のバランスを整えることで、お肌の水分油分のバランスを整えることに繋がります。

また、CBDのスキンケアオイルでもボディに使うこともできます。例えばCBDは抗酸化作用(※2)や抗炎症作用(※3)が期待でき、関節周りに使うこともできます。このように美肌に欠かせない要素やボディケアとしても取り入れられるCBDは、スキンケアの一つとして、疲れを癒すアイテムとして、毎日を健康に過ごすために取り入れることがおすすめです。

オイルタイプなので、保湿力も高く、特に乾燥が気になる季節に活躍をしてくれる商品が多く販売されています。他にもCBDにはオイルタイプ以外にもクリームタイプなど、さまざまな形状があり、スキンケアとして簡単に取り入れることができるため、気軽に使えることも特徴です。

CBDオイルと一言で言っても、さまざまなタイプや特徴があり、CBDの持続時間なども異なります。 各商品の違いやメリットを把握した上で、使い分けて生活に取り入れていきましょう。

【引用元】

(※1)参考文献:アイリーン・コニェツニー ローレン・ウィルソン著、三木直子訳『CBDのすべて』晶文社、2019年初版、2020年4刷 p224

(※2)参考論文:A. J. Hampson et al., “Cannabidiol and(−)Δ 9-Tetrahydrocannabinol Are Neuroprotective Antioxidants,” Proceedings of the National Academy of Sciences 95, no. 14(1998): 8268–73,doi:10.1073/pnas.95.14.8268.

(※3)M. Karsak et al., “Attenuation of Allergic Contact Dermatitis Through the Endocannabinoid System,” Science 316, no. 5830 (2007): 1494–97, doi:10.1126/science.1142265.