美肌に導くお肌のバリア機能の高め方とは?

美肌に導くお肌のバリア機能の高め方とは?

CBDskincare 

お肌を健康に保つために

美肌に導くために

お肌の大切な機能に”バリア機能”があります。

バリア機能とは、お肌を保護するバリアのような機能のことをいいます。

 

肌のバリア機能は皮膚の表面を覆っている油分により、お肌を保護してくれていますが、実は乾燥に弱く、毎日のケアがとても大切になります。

あなたは毎日お肌の保護をするためにしっかりとケアをしていますか?

今ドキッとした方、どうしたら良いのかわからない方は必見!

肌のバリア機能や成分の働きについて詳しくご説明いたします。

 

肌のバリア機能とは?

まずは肌のバリア機能の役割について、ご紹介します。

肌のバリア機能の役割には、

①肌表面の角質が刺激や異物の侵入を防ぐ

②体内の水分が逃げてしまう事を防ぐ

という2つがあります。

この2つの役割が機能していないとバリア機能が低下してしまい、肌にトラブルが起きてしまうのです。 

 

肌のバリア機能を高める為に保湿が重要な理由

そんなお肌に重要な役割をもたらすお肌のバリア機能、お肌のバリア機能を高めるために毎日のケアで重要なことは、お肌の『保湿』です。

 

バリア機能を保つには水分と油分のバランスが関係しており、保湿が十分にされていないと、水分不足が起こり、バリア機能が低下してしまいます。

バリア機能の低下により、お肌が保護できなくなることで肌荒れやしわの原因になってしまう事も。

美肌を保つ為には毎日の保湿を欠かさない事が重要です。


 

肌のバリア機能とナイアシンアミドの関係性

実はお肌の保湿以外にも、バリア機能を高めてくれると言われているのが「ナイアシンアミド」という成分です。

 

ナイアシンアミドはセラミドの生成を促してくれる成分であり、セラミドは肌の水分をキープしてくれる必須成分。

水分を閉じ込め肌表面の角質が刺激や異物の侵入を防ぐ為、肌のバリア機能形成を助けます。

 

このような働きにより、ナイアシンアミドが配合されている化粧品を使うことで、肌に成分が吸収されやすくなり、バリア機能が高まるという結果に繋がります。

 

バリア機能を高めるナイアシンアミドの特徴

ナイアシンアミドは”ビタミンB3”というビタミンB群のひとつ。

”ニコチン酸アミド”とも呼ばれています。

 

水にも溶ける成分なので、クリームだけでなく化粧水や美容液にも使用されています。

肌の水分と油分をバランスよく整えてくれる為、乾燥肌やオイリー肌に関わらずあらゆる肌タイプに使用できるのも特徴。

肌を正常に保つ作用や血液の流れをよくする作用があるといわれています。


ナイアシンアミドは

①肌のバリア機能を高める

②しみ・そばかすを防ぐ

③毛穴を目立たなくする

④しわの軽減

など期待できると言われている成分なのです。

 


肌のバリア機能は毎日のケアによって保たれます。そのケアの中でも重要なのが保湿。


毎日の保湿を怠ると肌のバリア機能はどんどん低下してしまい、肌トラブルになってしまうのです。



今回ご紹介したナイアシンアミドは肌のバリア機能を高める救世主のような働きをしてくれる成分。実はWALALAのアイテムにも、ナイアシンアミドが含まれています。

お肌の保湿力を強化し、美肌に導きましょう。