乾燥が気になる季節!WALALA(ワララ)アイテムで行なうおすすめの乾燥対策とは

寒さがお肌にも響く冬の季節。

毎年この時期には、普段よりもお肌がカサカサしてしまい、粉拭きなどに悩む方も多いのではないでしょうか

そんなお肌の乾燥ですが、放っておくとさまざまなお肌の悩みに繋がってしまうことも。今回はそんなお肌の乾燥を引き起こす原因や乾燥を防ぐおすすめの対策などをご紹介していきます。

目次:

なぜ冬はお肌の乾燥が気になるの?

お肌の乾燥を防ぐ乾燥対策

WALALA(ワララ)アイテムを用いたおすすめの乾燥対策4選をご紹介

乾燥対策は気になる前に

なぜ冬はお肌の乾燥が気になるの?

なぜ気温が低くなる時期にお肌が乾燥するのでしょうか。

実は冬は気温が低くなることで空気中に含まれる水分が少なくなり、湿度が低くなることで、空気中の水分量が低下してしまいます。

また、暖房などでも空気がより乾燥してしまい、同様に空気中の水分が奪われてしまいます。空気が乾燥して湿度が低くなると、お肌から水分が逃げてしまい、結果お肌が乾燥してしまいます。

他にも、冬は外気の寒さにより、体が冷えてしまい血行が悪くなりがち。血行が悪くなると肌の皮脂分泌や汗分泌が低下し、お肌を守るバリア機能(※1)の一つである皮脂膜が形成されなくなり、乾燥を招いてしまいます。

(※1)バリア機能とは・・・お肌に本来備わっている外部刺激からお肌を守る機能。 肌表面にある角質層が、お肌にうるおいを蓄え、乾燥や外部刺激から肌を守る役割を果たしています。

寒さによる乾燥

このようなお肌の乾燥をそのまま放置してしまうと、乾燥からくる小ジワの原因や、肌荒れ、肌トラブルの原因に繋がってしまいます。

お肌の乾燥を防ぐ乾燥対策

それではお肌を乾燥を防ぐためには、普段からどのように過ごせば良いのでしょうか。 いくつか対策方法をご紹介します

乾燥対策

  • 保湿を普段より念入りに
  • 単純ですが、肌表面の水分量を奪われないために普段より保湿をしっかりと行なうことが重要です。 肌の表面を守ってくれるバリア機能を正常に保ち、お肌を保護する必要があります。 肌の水分と油分のバランスを整え、スペシャルケアを取り入れて集中的に保湿することもおすすめです。 外気から水分を奪われないために、お肌にたっぷりの水分や潤いを与え、表面を保護して蒸発しないように念入りにケアをしましょう。

  • 湿度を一定に保ち、暖かく過ごす
  • 暖房器具を使用するときは、過度に強くし過ぎず、湿度を保てるように加湿器などを使用するのがおすすめです。室内の最適な湿度は40〜60%ほどと言われています 。加湿をして適切な湿度を保つことを心がけましょう。 また、暖房の直下で直接風が当たるようなことも避けましょう。

  • 洗顔時のお湯の温度に気をつける
  • 寒い時期は熱めのお湯で洗顔をしたくなりますが、洗顔時の温度は要注意。 熱いお湯での洗顔は肌表面の保湿成分を流出させてしまったり、皮脂を過剰に取り過ぎてしまったりする可能性があります。お肌を刺激しない程度のぬるま湯で、肌表面に摩擦を与えずに優しく洗顔することが大切です。

  • 日中のお肌の乾燥対策も怠らない
  • 朝晩にたっぷり保湿や乾燥対策を行っても、日中に水分を蒸発させてしまうと意味がありません。 普段から乾燥を感じたらすぐに保湿を行なう、など、日中の乾燥対策も念入りに行いましょう。 特に現在はマスクをすることにより、お肌が乾燥することも多いので、口周りの乾燥対策もしっかり行なうことが大切です。

WALALA(ワララ)アイテムを用いたおすすめのスキンケア4選をご紹介

美しいお肌を保つためにも寒さを感じる時期には、ご紹介したような乾燥対策が重要です。

WALALA(ワララ)の商品は、代表的なCBDを始め、お肌の表面を保護する成分や、肌に潤いを与える成分を豊富に含んでいます。

そんなWALALA(ワララ)のアイテムを用いたスキンケア方法で乾燥対策をするおすすめの方法をご紹介します。

WALALA(ワララ)のおすすめ乾燥対策方法

- オイルとクリームのダブル使い

まずWALALA(ワララ)の『CBD エンリッチセラム』で お肌に潤いとハリを与え、『CBD ポイントクリーム』で蓋をする、オイルとクリームのW使いで念入りにケアをすることがおすすめ。

『CBD エンリッチセラムオイル』には、スクワランをはじめとしたお肌に潤いを与える美容成分を豊富に配合されており、みずみずしい潤いとハリのあるお肌へ導きます。

そして『CBD ポイントクリーム』には海のヒアルロン酸と呼ばれるアルテロモナス発酵エキスやバリア機能を高めると言われているナイアシンアミドを配合し、お肌に潤いを与え、保護してくれます。特に乾燥が気になる季節には、このようなアイテムのダブル使いがおすすめです。

- ブースターオイルを使用し、化粧水の浸透をよくする

『CBD エンリッチセラム』は化粧水後以外にも、化粧水の前に使用することで化粧水の浸透を高めてくれるブースターにもなります。

お肌に水分をしっかりと浸透させるためにも、ブースターを使用することでお肌全体が柔らかくなり、化粧水の浸透(※2)を促します。

- 普段のファンデーションにオイルを数滴混ぜて、日中の保湿対策

日中に外に出る機会が多い、暖房の下で過ごすことが多い方には、日中の対策としてメイクに乾燥対策を忍ばせるのもおすすめです。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションに少量のオイルを混ぜることにより、メイクをしながらお肌を保湿することも可能。また、下地に混ぜることにより、内側から輝くツヤ肌に仕上げることもできます。

日中もなるべく乾燥を防げるように朝のメイク時に乾燥対策を忍ばせて、お肌表面を保護していきましょう。

- カサカサ肌が気になる日や暖房の下で長時間作業した日はスペシャルケアを

普段の乾燥対策に加え、定期的にスペシャルケアを入れるのもおすすめ。WALALA(ワララ)『ナイトリカバーフェイスマスク』はCBDとナノ化CBD(※3)に加え、ヒアルロン酸、セラミド、フラーレン(※4)など、お肌を集中的にケアする成分をたっぷりと含んでいます。

乾燥が特に気になる日には、集中的にスペシャルパックを行い、お肌の奥(※2)から潤いを蘇らせましょう

(※2)角質層まで

(※3)CBD(カンナビジオール): 保湿目的

(※4)ヒアルロン酸、セラミド、フラーレン:保湿目的

乾燥対策は気になる前に

乾燥が気になり始めてから、粉を拭いてから、ではすでにお肌はカラカラ状態。

気になる前に毎日のケアや対策で準備をしておくことがとても大切です。

日々のスキンケアや生活習慣などを見直し、この冬も潤い溢れるお肌で過ごしましょう!